遠くの誰かへ産物を送るという「#おうち時間」

先日、「鹿児島ラーメン」の手作りパックセットを通販で購入しました。「鹿児島ラーメン」は、今年で創業60周年を迎える霧島市に4店舗構える老舗ラーメン屋です。社長にも常々お世話になり、私自身、独自の麺とスープに優しさを感じられる点がとても好きで霧島に足を運ぶ際はよく利用させていただいております。

 

(「鹿児島ラーメン」公式ホームページhttps://kagoshimara-men.co.jp/より)

緊急事態宣言が出された地域は、今、私たちが感じている以上の緊張感と不安で不便な暮らしをしていることと思います。東京都と神奈川県に暮らす友人や親戚に「微力でも何かできることはないか」と考え、「鹿児島ラーメン」を送ることにしました。大変なのはみんな一緒。「当たり前が当たり前でない暮らし」をせざるを得ない状況に私たちはいて、働き方や生き方、人との関わりなどについて見直したり、変わっていく転換期にいるのだと思います。

鹿児島でも、「天文館出前便」というFacebook上の公開グループが作られ、そこには天文館を中心としたエリアで飲食店を経営されている方々が、テイクアウトで提供している料理や商品の紹介がされております。私も、持ち帰り弁当を始めたクライアント様から注文させていただきました。暮らしに欠かせない「食」。どうせ何かを食べて生きていかないといけないのであれば、身近な人へ、地域へ、お金を落としたいと思います。そして、世界のみんなが同じ境遇にいるからこそ助け合いの精神をもって、行動していきたいと思うのでした。

 

オンライン上で、鹿児島産のモノを購入し、遠くに暮らす「誰か」へそれを送る。これもまた「おうち時間」の過ごし方なのかもしれません。

Advantage -アドバンテージ-
〒892-0817 鹿児島市小川町8-6 AD ビル1F

TEL:099-222-3377
FAX:099-213-9341

©2016-2019 Advantage.